うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・頭痛・めまい・耳鳴りの整体|静岡市・駿河区・葵区・清水区の整体院【からだ工房 楽ら】

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616

ビタミンE

人間の身体は、約60兆個の細胞で構成されていて、一旦できた過酸化脂質は次々と細胞を破壊していく。
そのため影響はあらゆるところに及ぶのです。
その意味では、「過酸化脂質は健康の最大の敵」ということになります。

強力な抗酸化作用のあるビタミンEを摂ることで、過酸化脂質ができるのを防ぎ、生活習慣病を予防したいですね。
また、ビタミンCをいっしょに摂ると、ビタミンCの抗酸化作用と、ビタミンEの抗酸化作用を高めることができます。

また更年期障害で悩む女性にも、ホルモンの代謝を潤滑にする働きがあり、ビタミンEを摂ることがよいでしょう。
更年期障害の不快な症状を和らげてくれるほかに生理痛、生理不順などの女性特有の憂うつな症状も改善してくれるのです。

ビタミンEはふつうの食生活をしているかぎり過剰摂取になる心配はないと言われています。
ただビタミンEにはトコフェロールとトコトリエノールがあり、それぞれにα体、β体、γ体、δ体があり、全部で8種類あります。
食べ物から多く摂取しているのはα体とβ体のトコフェロールで生理活性の高いのはα体で摂取基準については、α-トコフェロールのみを限定しています。

ビタミン剤にはこの種類が明示してありますが、食品の場合は要チェックです。
ビタミンE配合と書いてあってもα-トコフェロールとは限らないからです。

生活習慣病や老化を予防する目的で多く摂る場合、ビタミン剤を利用することになります。
ところが、ビタミンは体内で他のビタミンやミネラルとかかわり合って機能しているので、ビタミンEばかりを大量に摂るとバランスを崩しかねない。
いろんな食べ物からバランス良く摂りたいものですね

ビタミンEが不足すると

ビタミンEは体内の脂質が酸化することによって出来る過酸化脂質を分解し、細胞膜や生体膜を活性酸素の害から守る働きをしているのです。
この働きを「抗酸化作用」と言い、ビタミンEには強力な抗酸化力があるのです。

また、皮膚の末梢血管を広げて血液の循環を良くする、ホルモンの生成分泌にかかわり生殖機能を維持するなどの働きもあります。

それだけに、不足すると病気に冒されやすい身体になってしまうのです。

  • 肌にシミが出やすい
  • 老化が早まる
  • 動脈硬化になりやすい癌のリスクが高まる
  • 冷え症・しもやけになりやすい
  • 頭痛や肩がこりやすい
  • 不妊になりやすい
  • 更年期障害が進みやすい

など様々な病気に侵されやすくなります。

過酸化脂質は「健康の敵」?

急に太ってきた、血圧が高い、コレステロールが気になる、血糖値が高い、等々いろんなことが気になりはじめだす40代。
生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣がその発症・進行に関する症候群」と定義されているように、過食・暴飲・喫煙・運動不足などの習慣がいつの間にか、過酸化脂質を増やし病気に冒されやすい身体にしてしまうのです。

人間の身体を構成する細胞を保護しているのが細胞膜で、その細胞膜をつくる成分の一つの不飽和脂肪酸が長い年月の間に徐々に酸化されて過酸化脂質になり、やがて細胞は変質したり死滅して機能低下を起こす。
その結果、臓器に変調をきたし病気を発症するようになるのです。

例えば、血管が硬くなる動脈硬化の場合、コレステロール脂肪の膜で覆われていてこの脂肪が酸化されると過酸化脂質ができ血管壁にこびりついてしまうことで起き、結果血流が悪くなり心筋梗塞や脳梗塞を招くのです。

大酒飲みの肝臓では、とくに大量の過酸化脂質がつくられる。
過酸化脂質は「がん発症の引き金」のなると言われていてとても怖いのです。

ビタミンEを含む身近な食べのも


うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・めまい・耳鳴り・頭痛などの症状の方が来院されています。

からだ工房楽らには静岡市駿河区・葵区・清水区・焼津市・沼津市・三島市から患者さんがご来院です。

TEL.054-368-7616

TEL:054-368-7616

*非通知でおかけになられますと、つながらないことがあります。

↑ このページの先頭へ

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616


copyright © 2011 うつ病・自律神経失調症に詳しい整体院「からだ工房 楽ら」. All Rights Reserved.