うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・頭痛・めまい・耳鳴りの整体|静岡市・駿河区・葵区・清水区の整体院【からだ工房 楽ら】

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616

ビタミンC

ビタミンC?といえば、黄色いレモンを想像しますよね。想像しただけで酸っぱさが口の中に広がりますが、レモンをはじめとして果物や野菜などに多く含まれています。

また、たんぱく質の一種であるコラーゲンは人間の身体を構成する総たんぱく質の30%を占めていて、細胞と細胞をつなぎ、機能の活性化を促進する非常に重要なものですがそのコラーゲンの生成にビタミンCが大きくかかわっています。

そのため、ビタミンCが不足すると血管壁の結合が緩み出血するというわけです。(歯茎から血がでる壊血病は有名な話です。)

ほかには、

  • 肌に張りがなくなる
  • 風邪をひきやすい
  • 貧血になりやすい
  • 全身倦怠
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • 骨・筋肉・胃腸が弱る
  • 胃ガン・肝臓ガンなど発ガンのリスクが高まる

よく風邪をひくと「ビタミンCをたくさん摂るように」と言われますよね。
ビタミンCは免疫機能を維持するのに必要なビタミンだからです。

免疫というのは、ウイルスや細菌が体内に入っても病気にかかりにくくするためにウイルスなどの異物から身体を守る仕組みで、その主役は白血球。血液やリンパ液の中にあってウイルスや細菌の活動を阻んだり死滅させたりしています。

その白血球の中にビタミンCがたくさん貯蔵されているからです。普段の食生活において、ビタミンCを摂取することで風邪にかかりにくい身体になるということです。

しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンなので数時間で排泄されてしまうので、効率的に摂取することを心がけたいものです。

ビタミンCは体内でこんな働きをしている!

抗酸化作用
人体に有害な過酸化脂質のもとになる活性酸素の除去剤として機能する。
細胞膜をつくっている不飽和脂肪酸は酸化されやすい性質があり、活性酸素によって酸化されると過酸化脂質が出来る。
この過酸化脂質は連鎖的に細胞を破壊していき、やがては生活習慣病、老化、ガン化の原因になると言われています。

コラーゲンの生成に働く
コラーゲンは細胞と細胞をつなぐたんぱく質の一種で、機能の活性化を促進するのに非常に重要なもの。このコラーゲンの生成に不可欠。

免疫機能を増強する
ウイルスや細菌などの異物からカラダを守る仕組みを免疫機能と言うが、それを支えているのが白血球。ビタミンCが白血球の中にあって免疫力のアップに大きくかかわっている。

抗ガン作用
発ガン性物質ニトロソアミンの形成を阻止したり、発ガン性を弱めたりする。ニトロソアミンとは、肉や魚などのたんぱく質が消化される段階でできるアミンという物質と食品添加物の亜硝酸ナトリウムが胃の中で結合するとできる物質。喫煙でも発生する。

血中コレステロールを下げる
太っていたり、脂肪を食べ過ぎたりすると、血中の脂質やコレステロールが増えて動脈硬化や高血圧などが心配されるが、ビタミンCの十分な摂取はコレステロール代謝に関与しコレステロール値を下げる。

ホルモンの合成に関与
日焼けや皮膚の色素沈着を防ぐ
鉄分の吸収を助ける

鉄欠乏症貧血は体内に鉄分が不足するため赤血球を十分につくれないことが原因だが、ビタミンCは鉄の吸収を促進し、食事からの鉄の吸収率を高める。

ビタミンCを含む身近な食べのも

ビタミンCが不足するとストレスに弱い身体に!?

ストレスから身を守るために、抗ストレスホルモンを分泌しているのが「副腎」という臓器です。
それは、腎臓の上にある小さな臓器ですが、ふだんはビタミンCが高濃度で含まれています。

さて、「副腎」とは何ぞや?
副腎とは腎臓の上にあるんです。
大きさは親指くらいで、小さいくせに働きもののヤツなんです。
とっても小さい臓器ですが副腎皮質ホルモンと副腎髄質ホルモンというとても大事なホルモンを出しているところなんです。

その副腎がストレスで弱るということはどういうことなんでしょうか?
人はストレスを感じると、「抗ストレスホルモン」というホルモンを出します。
抗ストレスホルモンを出してストレスから身を守ろうとします。これが副腎のホルモンです。

副腎のホルモンはいくつかありますが、全て貯蔵量が決まっています。
その量は人によって違いますが、無限ではありません。

簡単に言うと、ストレスに抵抗するホルモンには量的に限界があるので、いつまでもストレスに抵抗し続けられないものと思ってください。

いつまでもストレスにさらされていると、副腎ホルモンが枯渇状態になり、普通の生活さえできなくなります。
抗ストレスホルモンがなくなると「副腎ストレス疲労度チェック」で書かれたような症状が出てきます。
対策としては休むこと、寝ることが一番です。無理が一番いけません。

そして抗ストレスホルモンを合成するのにビタミンCが使われているので、ビタミンCが不足すると抗ストレスホルモンがつくられません。
そのため、ストレスに対する抵抗力がさらに弱まります。

また、ストレスは、精神的なものだけとはかぎりません。
暑さや寒さもストレスであり、耐えきれないほどの異臭や睡眠不足、過労、骨格の歪みなどもそうで、生体にとって不利な刺激はすべてストレスになりうるのです。

つまり、ビタミンCと摂ることでも、自律神経失調症の予防になるし、不足すると自律神経失調症になりやすいということです。


うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・めまい・耳鳴り・頭痛などの症状の方が来院されています。

からだ工房楽らには静岡市駿河区・葵区・清水区・焼津市・沼津市・三島市から患者さんがご来院です。

TEL.054-368-7616

TEL:054-368-7616

*非通知でおかけになられますと、つながらないことがあります。

↑ このページの先頭へ

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616


copyright © 2011 うつ病・自律神経失調症に詳しい整体院「からだ工房 楽ら」. All Rights Reserved.