うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・頭痛・めまい・耳鳴りの整体|静岡市・駿河区・葵区・清水区の整体院【からだ工房 楽ら】

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616

ビタミンB3

ビタミンB3(ナイアシン・ナイアシンアミド・ニコチン酸・ニコチン酸アミド)は、水溶性でビタミンBコンプレックスの仲間。
必須アミノ酸のトリプトファンを使って体はナイアシンをつくり出すことができます。
ただし、ビタミンB1、B2,B6が不足していると、体はトリプトファンからナイアシンをつくり出すことができない。

ナイアシンが不足すると、人格にネガティブな変化が起きる。
神経系の健康と脳の機能のために必要なビタミンです。
食品中にあって比較的安定している数少ないビタミンの一つで加熱調理や保存によっても効力はほとんど失われません。

ビタミンB3はあなたに何をしてくれるのか?

  • コレステロールと中性脂肪を減らす助けをする。
  • 脂肪の代謝を助けて消化系の健康を促進し、胃腸障害を緩和する。
  • 健康的に見える皮膚にする。
  • 偏頭痛を予防し、その激しい痛みを和らげる。
  • 血液の循環を良くし、血圧を下げる。
  • 下痢の発作を和らげる。
  • メヌエル症候群の不快な症状を減らす。
  • 食べたものを体がちゃんと使えるようにすることによりエネルギーを高める。
  • 口腔、唇の潰瘍を治し、しばしば口臭も消す。

たくさん含んでいる自然の食品
魚・赤身肉・小麦全粒粉・ビール酵母・レバー・小麦胚芽・卵・ローストしたピーナッツ・アボガド・なつめ・いちじく・プルーン。

ビタミンB3の敵
水・サルファ剤・アルコール・睡眠薬・エストロゲン

アドバイス
もしも、あなたが抗生物質を飲んでいて、ナイアシンを摂ったとたんに皮膚に潮紅が起きたり、それがひどくなったりした場合は、あわてないこと。
それはごく一般的な反応です。(コップ一杯に水が助けになり、潮紅は通常約20分間で消える。)
しかし、ノーフラッシュのイシトール・ヘキサニコチネートに変われば、そういう不快な思いをしなくてもすむはずです。
胃腸の不快感を避けるためには、ナイアシンは空腹時にはとらないこと。
熱い飲み物と一緒に摂るのも良くない。
コレステロールに問題がある人はナイアシンを多めに摂ると良いでしょう。(ただし医師に相談されてからにすることをお勧めします。とくに医薬品の投与を受けている人は相互作用があるので医師に相談して頂きたい。)
皮膚が太陽光線にとくに敏感になるのは、ナイアシン欠乏症の初期の徴候である場合が多い。


うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・めまい・耳鳴り・頭痛などの症状の方が来院されています。

からだ工房楽らには静岡市駿河区・葵区・清水区・焼津市・沼津市・三島市から患者さんがご来院です。

TEL.054-368-7616

TEL:054-368-7616

*非通知でおかけになられますと、つながらないことがあります。

↑ このページの先頭へ

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616


copyright © 2011 うつ病・自律神経失調症に詳しい整体院「からだ工房 楽ら」. All Rights Reserved.