うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・頭痛・めまい・耳鳴りの整体|静岡市・駿河区・葵区・清水区の整体院【からだ工房 楽ら】

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616

ビタミンの種類

ビタミンの「ビタ」は、ドイツ語で「生命」という意味です。
1912年にビタミンB1が発見された時、生命(vital)に必要な窒素を含む化合物(amine)という意味でつまり、生命にとって非常に大切なものという意味を込めて命名されたものです。

ビタミンはタンパク質、脂質、糖質などの栄養素が体内で効率よく働くための「潤滑油」のような働きをしています。

他の栄養素が消化・分解された後、吸収されて細胞の中でそれぞれ必要な化合物が合成されるのに対し、ビタミンは体内で合成することができない有機化合物です。

しかも生命にとっては必須であり、「微量で体内の栄養状態を支配し、動物体内では合成されずに体外から摂取しなければいけない有機物」と定義されているように、体外から摂取しなければならない栄養素なのです。

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性です。消化管から適切に吸収されるにはミネラルと脂肪が必要となります。
体内にためておくことができるので、毎日補給する必要はありません。

ビタミンAには二つの種類があります。
すでにビタミンAのかたちになっているレチノールと呼ばれるもの(動物性の食品にだけ含まれる)と、体内で必要に応じてビタミンAに変わるカロチンと呼ばれるプロビタミンA(植物性、動物性食品の両方に含まれる)です。

ビタミンB1(チアミン)

水溶性です。
すべてのB群のビタミン同様、余分に摂取された分は体内に貯蔵されず、すべて排泄されます。
したがって、毎日補充する必要があります。

"精神的ビタミン"として知られています。
それは、ビタミンB1が神経系と精神状態によい影響をもたらすからです。
軽い利尿効果があります。

ビタミンB2(リボフラビン)

水溶性です。吸収が容易で、排泄される量は体の必要に応じて変化し、おそらくたんぱく質の損失を伴う。
他のB群のビタミン同様、体内にためておくことができないので、自然の食品またはサプリメントによって常に補充しなくてはなりません。

ビタミンB3

ビタミンB3(ナイアシン・ナイアシンアミド・ニコチン酸・ニコチン酸アミド)は、水溶性でビタミンBコンプレックスの仲間。
必須アミノ酸のトリプトファンを使って体はナイアシンをつくり出すことができます。
ただし、ビタミンB1、B2,B6が不足していると、体はトリプトファンからナイアシンをつくり出すことができない。

ナイアシンが不足すると、人格にネガティブな変化が起きる。
神経系の健康と脳の機能のために必要なビタミンです。
食品中にあって比較的安定している数少ないビタミンの一つで加熱調理や保存によっても効力はほとんど失われません。

ビタミンB6(ピリドキシン)

ビタミンB6(ピリドキシン)は、水溶性です。摂って8時間以内に排泄されます。
他のビタミン同様、自然の食品あるいはサプリメントで補われる必要があります。
タンパク質を多く摂った場合には必要量が増します。
抗体、赤血球の産出に不可欠です。
適切な吸収が行われるためにはビタミンB12が必要です。

ビタミンB12(コバラミン)

ビタミンB12(コバラミン)は、水溶性で、ごく少量の摂取でも効果があります。
"赤いビタミン"として知られており、シアノコバラミンとも呼ばれています。
市販のビタミン剤にはシアノコバラタミのかたちのビタミンB12が使われています。
人間の食事では、ビタミンB12は主として動物性食品から供給される。小さな例外を除いてこのビタミンは、植物性食品には含まれていないからです。
水溶性ビタミンの中では唯一、体に蓄えられ、あなたがこのビタミンの供給をやめた場合、蓄えが底をつくまでに3年かかります。

ビタミンB13(オロチン酸)

アメリカではサプリメントは入手できない。
葉酸とビタミンB12を代謝する。

ビタミンB15(パンガム酸・DMG・ジメチルグリシン)

水溶性であります。どうしても食事で摂れなければならないということが証明されていないので、厳密な意味ではビタミンとは言えない。
抗酸化物質としてビタミンEによく似た働きをします。
ビタミンA・Eと一緒に摂ると作用が増すことが多いです。

ビオチン(補酵素RまたはビタミンH)

水溶性で硫黄を含む、ビタミンBコンプレックスの仲間の1つです。
ビタミンCの合成にはビオチンが必要です。
脂肪とタンパク質が正常に代謝されるために不可欠なものです。
腸内細菌によってつくられます。生の卵はビオチンの吸収を阻害します。
ビタミンB2、B6、ナイアシン、ビタミンAと共同して健康な皮膚を維持します。

コリン

ビタミンBコンプレックスのなかまで、脂肪肝防止性(肝臓に脂肪が過度に沈着するのを防ぐ性質)を持っている(脂肪を乳化する働きがある)。
イノシトール(いま1つのBコンプレックスの仲間)と共に働き、脂肪とコレステロールを体が使えるようにする。
いわゆる血液脳関門を通り抜けることのできる数少ない物質の1つで、この障害は毎日の食事が変化しても影響を受けないように脳を保護しているのだが、コリンはそれを抜けて真っすぐ脳細胞に達し、記憶を助ける化学物質をつくり出すのです。
体がコリンを活用できるかどうかは、ビタミンB12、葉酸、アミノ酸のLカルニチンが一緒に存在しているかどうかにかかっています。

葉酸(ホォラシン・葉酸塩)

水溶性で、Bビタミンの1つで、B9あるいはビタミンMとも言われています。
赤血球をつくるのに不可欠です。タンパク質の代謝を助けます。
体の細胞分裂に不可欠です。体が糖とアミノ酸を使うのに必要です。

イノシトール

他のBビタミンと同じく水溶性です。脂肪肝防止性(肝臓に過度に脂肪が沈着するのを防ぐ性質)があります。コリンと結合してレシチンを作ります。
脂肪とコレステロールを代謝します。
コリン同様に、脳細胞に栄養を与える重要な役割を持っています。

PABA

水溶性です。ビタミンBコンプレックスの新しい仲間の一つです。
体内で合成されます。
葉酸の形成を助け、体がタンパク質を使ううえで重要な働きをします。
パントテン酸の吸収を助けて、その効果を高めます。

パントテン酸

水溶性です。ビタミンBコンプレックスの仲間の一つ。
細胞の構築、正常な成長の維持、中枢神経系の発達を助ける。
副腎が適切な機能を果たすのに不可欠です。また、脂肪と糖のエネルギーへの転換に不可欠です。
抗体の合成、体がPABAとコリンを使うのに必要です。

ビタミンC

よく風邪をひくと「ビタミンCをたくさん摂るように」と言われますよね。
ビタミンCは免疫機能を維持するのに必要なビタミンだからです。

免疫というのは、ウイルスや細菌が体内に入っても病気にかかりにくくするためにウイルスなどの異物から身体を守る仕組みで、その主役は白血球。血液やリンパ液の中にあってウイルスや細菌の活動を阻んだり死滅させたりしています。

その白血球の中にビタミンCがたくさん貯蔵されているからです。普段の食生活において、ビタミンCを摂取することで風邪にかかりにくい身体になるということです。

ビタミンD

ビタミンD(カルシフェロール・ビオステロール・エルゴステロール・"日光のビタミン")は脂溶性です。
太陽光線と食事から得られます。太陽光線の紫外線が皮膚の脂肪に作用して、このビタミンをつくり出します。それから体に吸収されます。
口から摂られたビタミンDは、小腸壁から脂肪と一緒に吸収されます。
スモッグはビタミンDをつくる太陽光線を減らす。
すっかり日焼けしてしまうと、皮膚を通してビタミンDがつくり出される作業はストップします。

ビタミンE

強力な抗酸化作用のあるビタミンEを摂ることで、過酸化脂質ができるのを防ぎ、生活習慣病を予防したいですね。
また、ビタミンCをいっしょに摂ると、ビタミンCの抗酸化作用と、ビタミンEの抗酸化作用を高めることができます。

また更年期障害で悩む女性にも、ホルモンの代謝を潤滑にする働きがあり、ビタミンEを摂ることがよいでしょう。
更年期障害の不快な症状を和らげてくれるほかに生理痛、生理不順などの女性特有の憂うつな症状も改善してくれるのです。

ビタミンF

ビタミンF(不飽和脂肪酸・リノール酸・リノレン酸・アラキドン酸)は脂溶性です。
炭水化物を多く食べるとビタミンFの必要量が増します。

ビタミンK(メナジオン)

脂溶性です。
ビタミンKには3種類あり、K1とK2は腸内菌によってつくられ、K3は人工的に合成されたものです。
血液を凝固させる化学物質の1つであるプロトロンビンの形成に不可欠です。

ビタミンP

ビタミンP(ビタミンCコンプレックス・柑橘バイオフラボノイド・ルチン・ヘスペリジン)は水溶性で、シトリン、ルチン、ヘスペリジンなどの他、フラボン類、フラボノール類で構成されています。
ビタミンCが適切な機能を果たすためと、吸収に必要です。
フラボノイドは柑橘類に黄色やオレンジ色を付けている物質です。
毛細血管浸透性因子とも呼ばれる(ビタミンPのPは浸透性を意味するpermeabilityからとったもの)。
バイオフラボノイドの第一の機能は毛細血管を丈夫にし、吸収力を調整することなのです。
結合組織の健康を保つ上でビタミンCの助けをします。そして協働的に働きます。

 1 


うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・めまい・耳鳴り・頭痛などの症状の方が来院されています。

からだ工房楽らには静岡市駿河区・葵区・清水区・焼津市・沼津市・三島市から患者さんがご来院です。

TEL.054-368-7616

TEL:054-368-7616

*非通知でおかけになられますと、つながらないことがあります。

↑ このページの先頭へ

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616


copyright © 2011 うつ病・自律神経失調症に詳しい整体院「からだ工房 楽ら」. All Rights Reserved.