うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・頭痛・めまい・耳鳴りの整体|静岡市・駿河区・葵区・清水区の整体院【からだ工房 楽ら】

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616

腰痛でお困りの方へ

歪んだ骨盤腰痛には背骨に原因があるものと、内臓に原因があるもののふたつあります。

背骨の原因は姿勢が悪かったり(長時間同じ姿勢でしかも足を組む)激しい運動をしたりすることによって起こります。
またストレスによっても背骨に異常が起こることもあります。

背骨に原因がある場合ほおっておくと、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になったりもしますので早めの治療をお勧めします。

背骨の原因をつくっているのは筋肉です。
よい姿勢を保つにはその骨格を支える筋力が必要です。
また、そのバランスももっと大切です。

内臓の原因は腎臓や尿管に結石が出来る尿路結石、膀胱炎、婦人科の病気(子宮筋腫・子宮内膜炎)などの内臓疾患で起こります。
何もしていないのに急に腰痛が起きる尿路結石は、吐き気・下痢を伴うのでまずは病院へ行くことをお勧めします。

あなたはどんな姿勢で仕事や家事をしているのか意識してみた事がありますか?

背骨 腰を丸めて椅子に座ったり・・・
足を組んで座ったり・・・
立っている時いつもどちらかの足に体重が乗っていたり・・・

また、「朝起きあがるときに痛みがある」「顔を洗う前傾の姿勢が痛い」「長時間座り、立ち上がるとき腰が伸びない」なんて経験ありませんか?

昼間仕事をしているときも、夜眠っている時も、同じ姿勢が続くと腰痛になりやすいんですね。
昼間は軽い体操などで解消できますが、眠っている時は出来ませんよね?

そのために、寝返りをうって調整しているんです。
また、敷布団の硬さによっても背骨の調整が出来るんです。(枕の高さにも関係が・・・)

背骨が真っすぐな人は、硬めの布団がよく、患者さんの中にも布団を替えてみたら朝が楽になった(痛み・違和感)方もおられます。

背骨は「S字カーブ」が理想なんです。
寝ている間に調整してみてはいかがでしょうか?

症状別腰痛の種類

ぎっくり腰 (筋膜性腰痛症)
不意な動作(咳をする・体をねじる・立ち上がる)により、電気が走ったような感覚のあとどのような動きも取れない。冬場や季節の変わり目に起きやすい。
原因・・・運動不足・疲労・肥満などで血行障害が起きていると起きやすい。
女性の場合、月経時の骨盤が歪み
椎間板ヘルニア
腰だけでなく足先にかけてシビレや痛みがでる。咳やくしゃみでも痛みを感じることもあり、悪化すれば排尿時にも痛みを感じ排尿が困難に陥ることもある。
座っていても前かがみにもなれないようになり、寝ているのが一番楽な姿勢となる。
原因・・・脊柱を構成している椎骨をつなげるとともに、クッションの役割を果たしている椎間板の中心部にある髄核がはみ出し神経を刺激することで起きる。
脊椎分離症
ぎっくり腰と似た症状がでるが、下半身に痛みやシビレを伴う。立つ・歩く・背中を後ろに反らせるといった動きが出来ない。もしくは持続できない。
原因・・・腰をひねったり、前屈・背屈したりして腰椎に過度な負荷がかかった時、腰椎の後方にある椎弓が切れ脊柱自体が不安定になり起こる。
脊椎すべり症
これもまたぎっくり腰と同じ症状がでる。脊柱分離症との区別もつけにくいが、腰痛や下半身の痛みやしびれの頻度が高い。
原因・・・激しい運動を経験した人に多く、椎弓が切れ分離した椎骨が前方、腹側に滑りだして起こる。
椎間関節性腰痛症
朝起きる時、痛みで起きあがれなかったが、時間が経つにつれ痛みが消え、からだを動かしても痛みがない。
原因・・・腰椎の関節に炎症がおこり痛みがでる。炎症の原因は、ねんざなどの外傷、細菌などによる感染、薬や注射などの副作用がある。また、加齢や肥満により骨や軟骨が変質して起こることもある。
腰部脊柱管狭窄症
長時間の歩行に伴い痛みがでる。痛みは腰部だけでなく足の裏にかけてでる。立った状態で腰を伸ばすと痛みが増すことがある。
原因・・・背骨には脊髄などが通る脊柱管と呼ばれる管が上下に走っているが、その内径が狭くなり、神経や血管を圧迫することで痛みが起きる。狭くなる原因は、脊髄すべり症や椎間板ヘルニアの発症により起きる。
坐骨神経痛
坐骨神経痛とは、病名ではなく症状に対する名称にすぎない。腰部、殿部、大腿後面、下腿後面、足の甲まで痛みというよりシビレがある。
原因・・・第4、第5腰椎と仙骨の前面から発し大腿後面を通り、膝の裏面で2つに分かれ下肢へ通じ足裏まで達する神経が坐骨神経。殿部の筋肉の収縮、腰部の筋肉の収縮により脊髄や神経根が圧迫されて起こる。

からだ工房楽らの腰痛治療

歪んだ骨盤からだ工房楽らの腰痛治療は、下肢の筋肉バランスを整えます。
腰痛といえば腰方形筋、大中小殿筋に痛みや違和感を感じます。
それに伴い骨盤にもゆがみが生じます。

短縮筋の伸展中殿筋、小殿筋、梨状筋、ハムストリング筋、大腿四等筋、大腰筋、腸骨筋
伸展筋の活性腰方形筋、腹斜筋、腹横筋
下肢関節の
可動域の拡大
股関節、膝関節、足関節、仙腸関節

このような治療の結果、
どう動いても痛い⇒前屈が楽になる⇒回旋が楽になる⇒痛みがなくなる
というように変化していきます。

注意) ギックリ腰のような急性のものは、まずアイシングをすることが大事です。
筋肉の炎症ですので、「お風呂に入ってマッサージ」なんてやってしまったら大変です!!
さらに症状は悪化してしまいます。

アイシング・・・「氷水や保冷剤(アイスノン)で患部を10分ほど」を繰り返す。
そうすることで痛みが軽減されます。
それから、筋肉のバランスの調整をすることをお勧めします。

予防法

  • ハムストリング筋のストレッチ
  • 腰方形筋のストレッチ
  • 長時間同じ姿勢や悪い姿勢にならない。

うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・めまい・耳鳴り・頭痛などの症状の方が来院されています。

からだ工房楽らには静岡市駿河区・葵区・清水区・焼津市・沼津市・三島市から患者さんがご来院です。

TEL.054-368-7616

TEL:054-368-7616

*非通知でおかけになられますと、つながらないことがあります。

↑ このページの先頭へ

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616


copyright © 2011 うつ病・自律神経失調症に詳しい整体院「からだ工房 楽ら」. All Rights Reserved.