からだ工房 楽ら

for mobile

自律神経と頭蓋の関係

自律神経失調症やうつ病に大きな影響を与える頭蓋骨について少し勉強をしてみましょう。

[画像]

頭蓋は15種23個の頭蓋骨からなる極めて複雑な骨格部であります。
下顎骨と舌骨を除いて、全ての骨が「縫合」によって強固に結合されています。
頭蓋は頭蓋腔を形成して脳を保護する役目を果たしている脳頭蓋と、眼窩・鼻腔・口腔などを形成している顔面頭蓋に分けられます。

脳頭蓋の構成

顔面頭蓋の構成

10種16個の顔面骨が顔面を形成し、眼窩・鼻腔・口腔などの基礎をつくっています。
10種とは、篩骨・鼻骨・涙骨・下鼻甲介・上顎骨・頬骨・口蓋骨・鋤骨・下顎骨・舌骨であります。鼻骨・涙骨・下鼻甲介・上顎骨・頬骨・口蓋骨の6種類は左右対をなす骨で、篩骨・鋤骨・下顎骨・舌骨の4種類は左右に分かれない骨です。

頭蓋骨は呼吸に合わせて動いている

人間誰しも生きている間は呼吸をします。
この呼吸によって脳脊髄液が脳から仙骨まで循環しています。
そのポンプの役割をしているのが後頭骨と仙骨です。

息を吸うとき、仙骨は立ち頭蓋骨は横長になり、息を吐くときは、仙骨は傾き頭蓋骨は縦長のなります。見た目では全然わかりませんが、体の中ではそんな動きがあるのです。

また姿勢(骨格)によっても、それぞれ顔の形が違います。
それは、呼吸でも吸うのが得意(楽)な人、また、吐くのが得意(楽)な人と分かれるからです。

後頭骨が呼吸によって動くことにより、頭蓋骨全体が動くことになるのですね。
自律神経失調症の原因のストレスは、呼吸に影響(浅い・早い)を与え、頭蓋骨の動きに悪影響を与えます。
そのため、頭蓋骨と脳の間にある脳脊髄液の循環を悪くします。

ストレスにより自律神経が交感神経に傾き、さらに不快な症状(頭痛・めまい・耳鳴り)を引き起こしているのですね。




問合せ・ご予約はコチラ



自分で出来る健康チェック


メインコンテンツ


その他コンテンツ




うつ病/自律神経失調症/肩こり/腰痛/頭痛/めまい/耳鳴りの整体 静岡市/駿河区/葵区/清水区/整体院の【からだ工房 楽ら】
静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
0.問合せ 054-368-7616
からだ工房 楽ら