からだ工房 楽ら

for mobile

自律神経と呼吸の関係

自律神経は、あなたが意識しなくても動いてくれているのですが、逆に言うと、あなたの意思通りには動いてくれないということです。胃も腸も、心臓も腎臓も、あなたが意識しないでも動いてくれる代わりに、あなたの思い通りにはならないということですね。

しかし、呼吸だけは別なのです。

あなたが寝ていても呼吸をしているように、普段、呼吸はあなたが意識しなくても自律神経がちゃんとコントロールしてくれています。しかし、呼吸は私たちが意識してコントロールすることもできるのです。
自律神経は本来、自分でコントロールできないのですが、自律神経がコントロールしている「呼吸」を介して、自律神経を自分でコントロールすることができるのです。

動く神経(交感神経)が緊張していると、呼吸は早くなりますし、浅くもなります。逆に休む神経(副交感神経)が働いてリラックスしていると、呼吸はどうなるでしょう?
ゆっくりとした呼吸で、深い呼吸になります。

休む神経が働くと呼吸はゆっくり深くなります。休む神経を働かせたり、リラックスしたい時には、深くゆっくりとした呼吸をすればいいのです。
「腹式呼吸」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、腹式呼吸は深くゆっくりとした呼吸に適しています。

腹式呼吸の「コツ」
まずは口から息を吐ききります。
そして、鼻から息をゆっくり吸い込みながら、お腹に息が入ってくるかのようにお腹を膨らまします。
そして、ゆっくり口から息を吐きます。すると、お腹にたまった空気が口から少しずつ出ていくかのようにお腹がへこんでいきます。
最初は5秒間で吐き、それから5秒間で吸います。
一般的な腹式呼吸は、息を吸う時間よりも息を吐く時間を長くするよう指導しています。しかし初心者には、同じ時間(間隔)で呼吸をすることをお勧めします。なぜなら、硬化もさほど変わりませんし、やりやすいからです。

長続きさせるのがコツで、自律神経は習慣的な動きをするため、「できることを続ける」ことが重要になります。




問合せ・ご予約はコチラ



自分で出来る健康チェック


メインコンテンツ


その他コンテンツ




うつ病/自律神経失調症/肩こり/腰痛/頭痛/めまい/耳鳴りの整体 静岡市/駿河区/葵区/清水区/整体院の【からだ工房 楽ら】
静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
0.問合せ 054-368-7616
からだ工房 楽ら