からだ工房 楽ら

for mobile

つらい症状とその治し方(全体症状)

女性によくある辛い症状とその治し方について

女性ホルモンと自律神経の関係についてはこちらになります。

疲れやすい、疲れがとれない、だるい(倦怠感)

ハードスケジュールが続いて、疲れがとれない、からだがだるい、疲れやすい・・・。
そんな時はからだの中に疲労物質がたまった状態です。
代謝を高めて、疲労物質を追い出してしまいましょう。
その日の疲れはその日のうちにとる!!

★こんなコトしてみたらいかがでしょう?

微熱

大したことはないのだけれど、37度台の微熱が続いていてだるいような、体の芯が熱を持っている時ってありますよね。
寝込むほどではないからと仕事に行ったり、家事に育児にいつも通り動いてはいるけれど...。
こんな時はからだのバランスが乱れている時。休養をとって、栄養補給も忘れずに。

★こんなコトしてみたらいかがでしょう?

★微熱の原因?
人の体温調節は、外気の温度を皮膚にある温度感覚神経が感じ取り、さらに中枢神経内の血液の温度を感じる神経も働き、これらの情報を大脳の視床下部が総合的に統合し、「自律神経」を中心に体温調節が行われているのです。
からだの内外の過剰なストレスは、視床下部の体温調節の仕組みに影響を与え、「自律神経」や内分泌のバランスを崩し、体温を上昇(微熱)させてしまうのです。

のぼせる、ほてる

怒っている時には誰でもカッカしますが、平常な時でも顔から上だけがカッカとほてって、手足だけが冷たいのが「のぼせ」の特徴です。
また、ぶつけたわけでもないのに鼻血が出たりすることがあります。これは、血液循環をコントロールする「自律神経」のバランスが崩れると起こる症状の一つです。

★こんなコトしてみてはいかがでしょう?

息苦しい、吸いにくい

会議中や子供の保護者会など、緊張する場面で、なんだか息苦しくなる...、呼吸することが気になり不安になってくる...
こんな経験をしたことがある方も多いと思います。
不安や緊張、ストレスなどが加わると起こる症状です。解消法はリラックスすることです。

★こんなコトしてみてはいかがでしょう?

ストレス解消法

  1. 悪口ノート・・・頭にきたことを一気に書きなぐる。
  2. 叫びまくる・・・絶叫マシーンに乗っておなかの底から大声で叫びまくる。
  3. 殴りまくる・・・大きめのクッションなどに、ストレートパンチを力尽きるまで。
  4. こわす・・・こわすことって本当にスッキリ、快感なもの。ひびやかけているお皿があったら、思いっきり割ってみる。
  5. 打ちつける・・・バッティングセンターやゴルフの練習場で、球を力いっぱい打ちつける。
    ※ケガのない程度に・・・

動悸

会社に遅れそうで、ほんの少し走ったら、あんまり心臓がドキドキしたり息切れがしてびっくりした...。
うたた寝して、電話のベルでギョッ!として目を覚ましたら、胸がドキドキしてなかなか平常に戻らない...。
こんな思わぬドキドキもストレスが原因。いつも緊張していると起こります。

★こんなコトしてみてはいかがでしょう?

★緊張しやすい人は動機を起こしやすい。
激しい運動をしたり、過度に緊張すると、健康な人でも胸がドキドキするものです。
これは、運動や緊張といった刺激が「自律神経」に伝わって、交感神経が興奮して心臓が高なっているのです。
運動をやめたり、緊張から解放されれば、副交感神経が作用して心臓の高鳴りもおさまります。
しかし、不安や緊張などの不快な刺激が長時間続くと、交感神経の興奮が続いたままとなります。
そして、視床下部での「自律神経」のコントロールが乱されるのです。
とくに、神経質で緊張しやすい人や、神経症の傾向にある人では、些細なからだの変化や心理的ストレスが交感神経を緊張させて、動悸を引き起こすのです。

女性ホルモンと自律神経の関係についてはこちらになります。




問合せ・ご予約はコチラ



自分で出来る健康チェック


メインコンテンツ


その他コンテンツ




うつ病/自律神経失調症/肩こり/腰痛/頭痛/めまい/耳鳴りの整体 静岡市/駿河区/葵区/清水区/整体院の【からだ工房 楽ら】
静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
0.問合せ 054-368-7616
からだ工房 楽ら