うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・頭痛・めまい・耳鳴りの整体|静岡市・駿河区・葵区・清水区の整体院【からだ工房 楽ら】

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616

めまいの種類と原因

人間の身体はストレスを感じると、自律神経が乱れて動く神経(交感神経)が過剰に働きます。動く神経は血管を細くする作用があるのですが、動く神経が過剰に働くと血管を必要以上に細くしてしまいます。
すると血液の流れが悪くなり、耳の内部に血液が届きにくくなるのです。それがめまい・耳鳴り・難聴・乗り物酔いがしやすい等の原因と思われます。(但し、耳や脳に検査で異常がない場合)

めまいの種類

  • 天井がぐるぐると回転するような「回転性めまい」
  • フワフワと歩いているような「動揺性めまい」
  • 目の前が真っ暗になり、意識を失いそうな「眼前暗黒感」

というように、めまいには3種類あります。なぜ種類があるのかというと、「起こす場所」が違うからです。

  • 耳の構造回転性めまいの原因
    回転性めまいの場合、原因は主に三半規管にあります。(脳の場合もある)三半規管は耳の中にあり、中はリンパ液で満たされています。体が動くとこのリンパ液もいっしょに動き、体がどの方向に動いたかを三半規管の神経が察知します。しかし様々な原因により、リンパ液が多くなりすぎたりすると体が動いていないのに、リンパ液の圧力でリンパ液が動いてしまい、体が動いていると勘違いしてしまいます。すると、ぐるぐると回るようなめまいを感じます。
    このような回転性めまいは「メニエール(メニエール氏病)」が代表的な病名ですが、メニエール以外でも前庭神経炎などでも起こります。
    三半規管の隣には蝸牛という、音を感知する場所があるため、めまいと同時に耳鳴りが起きる場合があります。

  • フリー素材の来夢来人 動揺性めまいの原因
    動揺性めまいの場合、原因は脳幹や小脳にあります。脳幹は脳の一番下にあり、平衡感覚をコントロールするところででもあります。小脳は大脳の後ろにあり、やはり平衡感覚などをコントロールしています。
    脳幹の機能低下や病気になっていたりすると、フワフワ雲の上を歩いているようなふらつきを起こすめまいを感じることがあります。脳幹は平衡感覚以外にも、呼吸・心拍・血圧・嘔吐反射などをコントロールするところなので、めまいと同時に、吐き気・呼吸が苦しく感じる・動悸・飲み込みずらい・ろれつが回らない・高血圧・低血圧などの症状もいっしょに出ることがあります。また脳幹は、自律神経の大元であるため、自律神経失調症やうつ病でもめまいの症状が出ます。

  • 眼前暗黒感の原因
    眼前暗黒感の場合、原因は脳です。脳が虚血状態になり起こります。一番わかりやすいのは「立ちくらみ」
    です。立ちくらみは起立性低血圧ともいい、座った状態からいきなり立ち上がる時に、脳へ血液が送られず目の前が一瞬真っ暗になり、ふらふらしてしまうことです。
    ひどい場合は脳の虚血状態が続き、失神してしまうこともあります。原因は疲労により環境の変化に身体がついてこられなくなることです。

めまいの症状がよくなる過程で、めまいの種類が変わることがあります。回転性めまいは良くなる過程で、動揺性めまいに変化することもあります。

めまいで最も多い原因は自律神経失調症です。

自律神経失調症により免疫力が低下し、細菌やウイルスに感染しやすくなると言われています。

回転性めまい

動揺性めまい

眼前暗黒感


うつ病・自律神経失調症・肩こり・腰痛・めまい・耳鳴り・頭痛などの症状の方が来院されています。

からだ工房楽らには静岡市駿河区・葵区・清水区・焼津市・沼津市・三島市から患者さんがご来院です。

TEL.054-368-7616

TEL:054-368-7616

*非通知でおかけになられますと、つながらないことがあります。

↑ このページの先頭へ

静岡県静岡市清水区有東坂2-294-13
セントラルビル2F 205号室
TEL:054-368-7616


copyright © 2011 うつ病・自律神経失調症に詳しい整体院「からだ工房 楽ら」. All Rights Reserved.